電子マネー決済端末おすすめ22選|導入価格・読み取りリーダー手数料など徹底比較

この記事のURLとタイトルをコピーする

INDEX

電子マネー決済端末(読み取り機)とは

電子マネー決済端末とは、クレジットカードやQRコード、スマホ決済といった電子決済の読み取り機器を指します。Edyやnanaco・PASMOなどの交通系ICカードにも対応しています。

コロナ後のインバウンド消費に対応するために、国が旗を振って電子マネーの普及に力をいれています。

そうした背景もあり、現在は店舗側では期間限定で、無料で電子マネー決済端末の導入も可能です。

今回は、電子マネー決済端末のメリットや対応決済、注目されている理由や、おすすめの決済端末機器を紹介していきます。

サービス特徴・ポイントキャンペーン
Square 決済の全てを1台で
レジ横以外の屋外タッチ決済対応
入金最短「翌営業日」振込で個人おすすめ
振込手数料/解約費用「0円」
POSレジ/在庫管理/スタッフ管理も「0円」
開封後でも30日以内返品OK
電子マネー/タッチ決済/PayPay/持ち運び
月額固定費「0円」
払戻し/振込手数料「0円」
オンライン決済導入も「0円」
決済端末:今なら30日返品可能

決済×レジ機能をこれ一台で
オールインワン決済端末 スマレジ・ペイゲート

主要決済ブランド(30種)に対応
初めてでも安心充実サポート!
お電話窓口で365日対応

ワイヤレス、プリンター内蔵で持ち運びOK
場所を選ばずどこでも決済可能
初期費用「0円」
端末代金39,600円が0円」
決済手数料3.24%~がさらにお得に


SMBC×GMO提供
初期0円オールイン決済はstera pack

決済手数料2.70%~の最安水準
初期コスト0円/30種以上の決済対応
プリンタ内蔵で周辺機器不要(無料)
最大6回/月入金で個人もおすすめ
電子サイン対応で紙伝票不要
30種類以上の決済手段に一台で対応
クレジット/QR/電マネ全て対応
集客/販促アプリも無料インストール
※この記事には一部PRが含まれています

電子マネー決済端末導入(読み取り機)5つのメリット

  • 1つの端末でさまざまなキャッシュレス決済に対応
  • 訪日外国人・インバウンド顧客の囲い込み
  • レジ会計業務の効率化・人件費の削減
  • POSシステムとの連携で顧客情報の蓄積
  • リピーター獲得によるマーケティング施策の展開

読み取りリーダーの導入することでさまざまな決済手法に対応が可能です。オリンピックイヤーである今年は、海外からの観光客も多く来訪することが予想され消費も増えることでしょう。

また、これまで現金で行っていたレジ業務も電子マネーを活用することで、効率化にもつながります。蓄積されたPOSデータをマーケティングに活用していくことも期待ができます。

電子マネー決済端末(読み取り機)の対応決済方法

  • クレジットカード決済
  • デビットカード決済
  • 電子マネー決済(交通系ICカードなど)
  • スマホ・キャリア決済
  • QR・バーコード決済

電子マネー決済端末では上記のようにさまざまな決済手法に対応しているため、現金以外で支払う顧客も取りこぼさないようにできます。

近年はICカード決済にはじまり、携帯キャリアでの決済など多様な手法が登場しています。マルチ決済に対応していくことで売上アップにつなげていきましょう。

無料導入の電子マネー決済端末おすすめ主要6社の初期・月額・手数料比較表

TVCMなどでも認知度の高い主要クレジット・電子マネー決済端末6社を比較してみました。

初期・月額費用はキャッシュレス・消費者還元事業もあり無料で利用できるものが一般的です。

小規模店舗の場合はキャッシュフロー安定のためにも、入金スピード・回数は早い方がおすすめです。対応決済手法や入金サイクルは各社で異なり、Square決済が一番早く最短翌日入金、次いでSTORES決済が1週間前後とサービス毎に違いがあります。

またSMBC・GMOが提供する初期0円のオールインワン決済端末stera packも最大月6回の入金が可能です。

サービス名初期費用月額費用周辺機器入金サイクル導入目安決済手数料電子マネーQRコード対応OS屋外決済
Square決済4,980円(30日返品OK)0円 ※無料タブレット:不要最短翌日最短翌日3.25%~
※手数料引下げ
JCB 3.95% → 3.25%
QUICPay 3.75% → 3.25%
交通系ICカード
Apple Pay/iD
QUICPay
屋外/タッチ決済
PayPayiOS
Android
Square Terminal無料~
※30日返品OK
0円 ※無料タブレット不要
レシートプリンター内蔵
電子サイン対応

電子レシート発行
最短翌日最短翌日3.25%~
JCB 3.95% → 3.25%
QUICPay 3.75% → 3.25%
交通系ICカード
Apple Pay/iD
QUICPay
屋外/タッチ決済
PayPayiOS
Android
stera pack0円 ※無料お試し:0円 13か月目まで無料
※14か月目以降スタン
ダードプランに切替
スタンダード:3,300円(税込)
レシートプリンター内蔵
電子サイン対応
最大月6回or月2回1ヶ月~お試し:3.24%
スタンダード:2.70%
iD/楽天Edy
nanaco/WAON
QuicPay/交通系ICカード
タッチ決済
楽天Pay/d払い
PayPay/メルペイ
auPAY/ゆうちょPay
iOS
Android
楽天ペイターミナル34,800円→0円
※無料キャンペーン中
0円 ※無料レシートプリンター内蔵
電子サイン対応
最短翌日自動入金
※入金先が楽天銀行の場合
最短6日2.95%~交通系ICカード
Apple Pay
主要6ブランドの
クレジットカード
Qucik Pay/楽天Edy
nanaco/WAON
楽天ペイ
auPAY
Android
スマレジ・PAYGATE0円 ※無料
通常 39,600円
プレミアム:5,500円(税込み)
※その他プランあり
不要
レシートプリンター内蔵
【月2回】
※末締め翌15日
15日締め当月末払い
1~1.5か月3.24%
からさらに引き下げ
※割引キャンペーン中
iD/WAON/nanaco
楽天Edy/QUICPay
交通系ICカード
PayPay/楽天Pay
au PAY/メルペイ
LINE Pay/D払い
Wechat Pay/ALIPAY
Android
PayCAS Mobile0円※無料 
通常 78,800円 
1,980円~(通信費含む)
※通常4,000円〜
不要
レシートプリンター内蔵

Android™ OS採用で業務アプリ搭載可能
【月2回】
※15日締め当月末払い
当月末締め翌月15日払い
1カ月PayPay2.8%、カード決済2.8%〜3.24%
※PayPayからお申込みの方限定
特別セットプラン
交通系電子マネー
楽天Edy/nanaco
Waon/Apple Pay
iD/Google Pay
QUICPay
PayPay/au Pay
d払い
メルペイ/楽天ペイ
J-Coin Pay
AliPay/WeChat Pay
銀聯QR/JKOPAY
iOS
Android
squareレジスター端末費用のみ0円※無料
POSレジ内蔵
スタッフ用とお客様用の2画面
最短翌営業日最短即日3.25%
iD3.75%
交通系ICカード(PiTaPaを除く)
およびQUICPayによる決済
PayPayiOS
Android
×
JMS おまかせサービス
Webプラン
0円 ※無料0円 ※無料
※端末機により
異なる
タブレット:不要・月2回
無料
・月6回
198円(税込)/振込毎
約4~6週間3.24%~交通系ICカード
Apple Pay/Google Pay
ID/QUIC Pay
nanaco/WAON
楽天Edy/タッチ決済
PayPay/d払い
楽天ペイ
Alipay+
WeChat Pay
Smart code
iOS(J-Mups II Pocket)
CASHIER PAYMENT A9200円2,000円ドロアー
クレードル
無線スキャナー
自動釣銭機(新紙幣対応)
2.8%~Suica/PASMO/Kitaca/
manaca/ICOCA/toica/
SUGOCA/nimoca/
はやかけん/iD/
WAON/EDY/nanaco
d払い/PayPay/
R PAY/au PAY/
m PAY/ゆうちょPay/ALIPAY/
We Chat Pay
Android
Airペイ(エアペイ)0円 無料
※通常19,800円
0円 ※無料iPad:0円
カードリーダー:0円
※条件を満たすと0円
レシートプリンター:別売
※2万円~
月3回or月6回1週間~1ヶ月3.24%交通系ICカード
Apple Pay/iD
QUICPay
ポイント系等36種
d払い/PayPay
LINE Pay
au Pay/J-Coin Pay
WeChat Pay
union Pay/Ali Pay
iOS
※申請時に書類必要
※無料キャンペーンは各企業で期間が設けられている場合があるため詳細は公式ページをご確認ください。

電子マネー決済端末導入(読み取り機)が店舗に必要な理由

東京オリンピック開催による需要増加により、電子マネー決済が普及しました。

日本は海外と比較するとキャッシュレス化が遅れています。2016年の調査では主要先進国は平均40%前後のキャッシュレス決済比率になっているのに対して、日本は約20%と2倍ほどの差があります。

地域ブランディング研究所の調査では、店舗が電子マネー対応をしていないことで109億ドルの機会損失にもなると予想されています。

政府推進のキャッシュレス化で電子マネー決済端末導入が無料導入&手数料が割引

このような背景もあり、政府がキャッシュレス化を推進しています。具体的には電子マネー決済端末などの導入を実施すると、次のようなメリットがあります。

キャッシュレス決済のポイント還元支援内容の表

決済手数料が安くなる・端末代金が無料といったキャンペーンは2020年6月までの期間限定です。海外観光客の売上獲得、導入コストが無料になるため今がおすすめといえます。

電子マネー決済端末(読み取り機)メーカーのシェアトップ5選

Panasonic – JTC06シリーズ ※SMBC GMOペイメントがstera terminalとして提供

  • 1台でクレジットカード・電子マネーQRコード決済など30種以上の決済手段に対応
  • 4型タッチパネルで暗証番号入力や電子サインなどが可能
  • SMBC×GMO提供のstera terminalは初期0円・決済手数料2.70%~利用可能
  • 入金サイクル最大月6回で個人事業主・小規模店舗にもおすすめ

Panasonic(パナソニック)が提供するJT-C60シリーズ(stera terminal)はQRコード・電子マネー決済など25種以上の豊富な支払い方法に対応しており、レシートプリンター内蔵型で周辺機器も不要なオールインワン決済端末です。

タッチパネル操作で暗証番号入力・電子サインにも対応しており、プリンタ一体型のため3~5万円ほど発生する費用もなく利用ができます。

販売はSMBC・GMOの合同企業であるSMBC GMO PAYMENT株式会社が提供しており通常7万ほどの端末代金0円・決済手数料も一般的には3.25~3.74%ですが業界最安水準の2.70%~と低価格での導入ができます。

stera pack - 個人店舗・複数店舗おすすめ・最大6回の入金サイクル・振込手数料0円

加えて振込手数料は0円(三井住友口座)・入金サイクルも最大6回/月のため個人・小規模店舗にもおすすめのオールインワンキャッシュレス端末です。

初期費用月額費用決済手数料入金サイクルクレジット電子マネーQRコード
78,000円
※stera packでは0円
3,300円(税込)〜2.70%〜最大月6回(2営業日後払い)
月2回(15日/2営業日後払い)
Visa
Mastercard
※タッチ決済対応
iD / 楽天Edy
nanaco / WAON
QuicPay / 交通系ICカード
PayPay / d払い
楽天Pay / メルペイ
auPay / ゆうちょPay

NECプラットフォームズ

NECプラットフォームズ
  • 優れた操作性とあらゆる業務に適応するための機能を搭載
  • スタイリッシュなデザインとコンパクトボディ
  • 設置場所を選ばずさまざまなシーンに利用可能

NECプラットフォームズの特徴は優れた操作性とあらゆる業務に適応するための機能を搭載しています。また設置場所を選ばないコンパクトボディで、さまざまなシーンで利用することが可能です。スタイリッシュなデザインなので、さまざまな店舗で利用可能です。

詳細はこちら:https://www.necplatforms.co.jp/product/debit.html

東芝テック

TOSHIBA CT-5100
  • フルフラットなタッチパネルを採用
  • POS連動で無駄な作業を排除
  • 高度なセキュリティ性

東芝テックの特徴はフルフラットなタッチパネルを採用しており、POS連動で無駄な作業を排除することが可能です。またPOS連動を行うことで顧客のデータを蓄積して、分析を行うことで業務の改善が可能です。さらに高度なセキュリティ性で安心して導入することが可能です。

詳細はこちら:https://www.toshibatec.co.jp/products/jet_s_ct_5100.html

JR東日本メカトロニクス(JREM)

JR東日本メカトロニクス(JREM)
  • 業務効率向上
  • 提供から運用までワンストップサービス
  • オフィスのワークスタイルを変革・セキュリティ向上

JR東日本メカトロニクス(JREM)の特徴は導入することで業務効率を向上することが可能です。また導入には提供から運用までワンストップサービスで行うことができるため、手軽に導入可能です。オフィスのワークスタイルを変えたいと考えている企業や店舗におすすめです。

詳細はこちら:https://www.jrem.co.jp/product/

セイコーインツル株式会社 – CREPiCO

セイコーインツル株式会社 – CREPiCO
  • 短納期・低コストでクレジット決済システムを提供
  • 各種の決済サービスを一元的に提供
  • 決済データを処理・中継するサーバー設置やソフトの新規開発が不要

CREPiCOの特徴は短納期・低コストでクレジット決済システムを提供することが可能です。各種の決済サービスを一元的に提供してくれるため、管理もしやすいのが魅力です。また決済データを処理・中継するサーバー設置やソフトの新規開発が不要なため、小規模店舗にもおすすめです。

詳細はこちら:https://www.sii.co.jp/jp/news/release/2012/02/16/3934/

おすすめ電子マネー決済端末(読み取り機)導入価格・手数料比較13選

サービス名初期費用月額費用周辺機器入金サイクル導入目安決済手数料電子マネーQRコード対応OS屋外決済
Square決済4,980円(30日返品OK)0円 ※無料タブレット:不要最短翌日最短翌日3.25%~
※手数料引下げ
JCB 3.95% → 3.25%
QUICPay 3.75% → 3.25%
交通系ICカード
Apple Pay/iD
QUICPay
屋外/タッチ決済
PayPayiOS
Android
Square Terminal無料~
※30日返品OK
0円 ※無料タブレット不要
レシートプリンター内蔵
電子サイン対応

電子レシート発行
最短翌日最短翌日3.25%~
JCB 3.95% → 3.25%
QUICPay 3.75% → 3.25%
交通系ICカード
Apple Pay/iD
QUICPay
屋外/タッチ決済
PayPayiOS
Android
stera pack0円 ※無料お試し:0円 13か月目まで無料
※14か月目以降スタン
ダードプランに切替
スタンダード:3,300円(税込)
レシートプリンター内蔵
電子サイン対応
最大月6回or月2回1ヶ月~お試し:3.24%
スタンダード:2.70%
iD/楽天Edy
nanaco/WAON
QuicPay/交通系ICカード
タッチ決済
楽天Pay/d払い
PayPay/メルペイ
auPAY/ゆうちょPay
iOS
Android
楽天ペイターミナル34,800円→0円
※無料キャンペーン中
0円 ※無料レシートプリンター内蔵
電子サイン対応
最短翌日自動入金
※入金先が楽天銀行の場合
最短6日2.95%~交通系ICカード
Apple Pay
主要6ブランドの
クレジットカード
Qucik Pay/楽天Edy
nanaco/WAON
楽天ペイ
auPAY
Android
スマレジ・PAYGATE0円 ※無料
通常 39,600円
プレミアム:5,500円(税込み)
※その他プランあり
不要
レシートプリンター内蔵
【月2回】
※末締め翌15日
15日締め当月末払い
1~1.5か月3.24%
からさらに引き下げ
※割引キャンペーン中
iD/WAON/nanaco
楽天Edy/QUICPay
交通系ICカード
PayPay/楽天Pay
au PAY/メルペイ
LINE Pay/D払い
Wechat Pay/ALIPAY
Android
PayCAS Mobile0円※無料 
通常 78,800円 
1,980円~(通信費含む)
※通常4,000円〜
不要
レシートプリンター内蔵

Android™ OS採用で業務アプリ搭載可能
【月2回】
※15日締め当月末払い
当月末締め翌月15日払い
1カ月PayPay2.8%、カード決済2.8%〜3.24%
※PayPayからお申込みの方限定
特別セットプラン
交通系電子マネー
楽天Edy/nanaco
Waon/Apple Pay
iD/Google Pay
QUICPay
PayPay/au Pay
d払い
メルペイ/楽天ペイ
J-Coin Pay
AliPay/WeChat Pay
銀聯QR/JKOPAY
iOS
Android
squareレジスター端末費用のみ0円※無料
POSレジ内蔵
スタッフ用とお客様用の2画面
最短翌営業日最短即日3.25%
iD3.75%
交通系ICカード(PiTaPaを除く)
およびQUICPayによる決済
PayPayiOS
Android
×
JMS おまかせサービス
Webプラン
0円 ※無料0円 ※無料
※端末機により
異なる
タブレット:不要・月2回
無料
・月6回
198円(税込)/振込毎
約4~6週間3.24%~交通系ICカード
Apple Pay/Google Pay
ID/QUIC Pay
nanaco/WAON
楽天Edy/タッチ決済
PayPay/d払い
楽天ペイ
Alipay+
WeChat Pay
Smart code
iOS(J-Mups II Pocket)
CASHIER PAYMENT A9200円2,000円ドロアー
クレードル
無線スキャナー
自動釣銭機(新紙幣対応)
2.8%~Suica/PASMO/Kitaca/
manaca/ICOCA/toica/
SUGOCA/nimoca/
はやかけん/iD/
WAON/EDY/nanaco
d払い/PayPay/
R PAY/au PAY/
m PAY/ゆうちょPay/ALIPAY/
We Chat Pay
Android
Airペイ(エアペイ)0円 無料
※通常19,800円
0円 ※無料iPad:0円
カードリーダー:0円
※条件を満たすと0円
レシートプリンター:別売
※2万円~
月3回or月6回1週間~1ヶ月3.24%交通系ICカード
Apple Pay/iD
QUICPay
ポイント系等36種
d払い/PayPay
LINE Pay
au Pay/J-Coin Pay
WeChat Pay
union Pay/Ali Pay
iOS
※申請時に書類必要
※無料キャンペーンは各企業で期間が設けられている場合があるため詳細は公式ページをご確認ください。
[orend-service]{“condition”:{“categoryId”: “00002”}}[/orend-service]

iRITSpay(アイ・リッツペイ) – 株式会社アイティフォー

  • マルチなキャッシュレス決済を1台で実現
  • キャッシュレス決済で必要な多機能を1台に搭載
  • バッテリー搭載モデルで「面前決済」を実現

iRITSpay(アイ・リッツペイ)の特徴はマルチなキャッシュレス決済を1台で実現することが課の合うです。またキャッシュレス決済で必要な多機能を1台に搭載しており、店舗に必要となる機能は入っているため、安心して利用することが可能です。

初期費用月額費用決済手数料
お問い合わせお問い合わせお問い合わせ
対応決済方法クレジットカード決済、デビットカード決済
QRコード決済、電子マネー決済

詳細はこちら:https://www.itfor.co.jp/rits/iRITSpay_terminal.html

A8 ポータブルマルチ決済端末 – アルファノート株式会社

  • 管理画面で一元管理入金も一括
  • ポータブルだから屋外でも決済可能
  • 多様な決済方法に対応

初期費用月額費用決済手数料
74,800円(今だけ0円)お問い合わせ3.24%~
対応決済方法クレジットカード決済、QRコード決済
プリペイドカード決済

詳細はこちら:https://www.alpha-note.co.jp/LP/A8_store/

電子マネー決済端末(読み取り機)のレンタル会社比較4選

ヤマトフィナンシャル株式会社 – 電子マネー端末レンタルサービス

  • レンタルで利用したい方におすすめ
  • 契約1つで各電子マネーを導入可能
  • イベントなどさまざまな場所で利用可能

マルチ電子マネーサービスでは導入費用はお問い合わせする必要があります。対応している決済方法は電子マネー決済のみですが、イベントなどさまざまな場所で利用することが可能で、レンタルで利用したい方におすすめです。契約1つで各電子マネーを導入することができるため、検討してみてください。

初期費用月額費用決済手数料
お問い合わせお問い合わせお問い合わせ

詳細はこちら:https://www.yamatofinancial.jp/emoney_rental01/

セイコーソリューションズ株式会社 – CREPiCO決済サービス

  • ペイジー口座振替受付
  • 幅広い決済に対応
  • 必要な決済をワンストップ

セイコーソリューションズでは上述でも紹介したCREPiCOのレンタルサービスを提供しています。各種電子マネーに加えてギフトカードにも対応している決済端末のレンタルが可能です。

詳細はこちら:https://www.seiko-sol.co.jp/products/crepico/

株式会社USEN – 決済端末レンタル無料サービス「Uペイ」

  • 端末レンタル無料
  • 決済手数料が割引
  • 強固なセキュリティ

UペイはUSEN社が提供している電子マネー決済端末レンタルサービスです。キャッシュレス還元事業の適用対象でもあり、レンタル代金は無料・決済手数料も安くなります。

詳細はこちら:https://payment.usen.com/u-pay/

株式会社ゼウス – イベント向けクレジット決済端末機レンタルサービス

  • イベント出店時のクレジットレンタル
  • 最短1日からレンタル可能
  • 3G回線でいつでも接続

株式会社ゼウスでは、決済代行サービスに加えて、クレジットカード端末の連絡も行っています。イベントなどの短い期間でも利用することが可能で、現金のやり取りなくしてイベント効率を高めることが可能です。

詳細はこちら:https://www.cardservice.co.jp/service/cat_rental/

電子マネー決済端末(読み取り機器)の無料導入でキャッシュレスを加速

オリンピックが近づき徐々に導入を検討している店舗もいるのではないでしょうか。キャッシュレス化はオリンピック以降の観光客や電子マネー顧客に有効でしょう。

無料導入のこのタイミングでぜひ導入しましょう。

今なら実質0円のSquareの無料登録はこちら